所属弁護士


lawyer

小野 章子

ono shoko

 企業の健康づくり、被害者支援、子どもの福祉を弁護士業務の三本の柱とし、幅広い案件に対応しております。また、多言語対応(英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、中国語、日本手話)の強みを生かし、民・商事、家事、刑事のいずれにおいても、多くの渉外案件を取り扱ってきました。ご依頼者様やその周囲の方々の立場に立って丁寧な聞き取りを行い、ご依頼者様の事業や人生がより良いものとなるよう、最善のリーガルサービスの提供に努めると共に、各種専門家(他士業、医師、保健師、臨床心理士、公認心理師、不動産業、通訳・翻訳業等)との連携も重視しております。

【主な取扱業務】
顧問業務,一般企業法務(契約法務、労務管理、企業コンプライアンス,情報セキュリティ対策、ストレスチェック制度等),渉外取引,開業支援,犯罪被害者支援,ハーグ条約,渉外家事,離婚・男女問題,遺産・相続問題,医療問題(病院側),研究倫理,講師・セミナー

【経歴】
東京学芸大学教育学部附属高等学校 卒業
東京大学教養学部理科Ⅱ類 修了
東京大学法学部第1類(私法コース) 卒業
中央大学大学院法務研究科法務専攻(法科大学院) 修了
飯田経営法律事務所 入所
小野・紺野法律事務所(現・文京湯島法律事務所) 開設
東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻専門職学位課程(専門職大学院)

【役職等】
有限会社グリーンヘルスプロモーション 取締役
中央大学大学院法務研究科法務専攻(法科大学院) 実務講師

【所属】
東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野(川上憲人教授)研究室

東京三弁護士会 犯罪被害者支援に関する協議会 委員
第一東京弁護士会 犯罪被害者に関する委員会 副委員長

第一東京弁護士会 ハーグ条約に関する委員会 副委員長
第一東京弁護士会 法教育委員会 委員
第一東京弁護士会 仲裁センター運営委員会 委員

第一東京弁護士会総合法律研究所 医事法研究部会 研究委員
第一東京弁護士会総合法律研究所 IT法研究部会 研究委員
第一東京弁護士会総合法律研究所 倒産法研究部会 研究委員

外国人ローヤリングネットワーク 会員

【講演等】
2015年4月16~17日 日本政策金融公庫社内向けセミナー「金融法務」 講師

2015年9月17日 第一東京弁護士会「被害者参加制度・損害賠償命令制度等に関する研修会」事例報告

2015年12月14日 日弁連法務研究財団・第一東京弁護士会総合法律研究所IT法研究部会共催 シンポジウム 「情報セキュリティ事件の近時の動向~政策・マネジメント・法的分析~」事例報告
https://www.jlf.or.jp/work/kenshu_922.shtml

2016年9月26日 第一東京弁護士会研修会「すぐに役立つ!犯罪被害者相談の方法と代理人としての活動報告」講師

2018年11月24日 日本質的心理学会第15回大会「性暴力の被害者と共に質的研究をつくるための方法論−深い傷つきの体験をわかちあうために−」日本の刑法性犯罪の現状と課題について話題提供

【著作物・寄稿】
・ ICHIBEN Bulletin 第一東京弁護士会会報 平成27年7月号 No.508「若手弁護士の談話室」
・『犯罪被害者支援実務ハンドブック~被害者参加,損害賠償命令を中心に~』  第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会編著  東京法令出版
・『捜査研究』2018年9月号 特集「外国人対応上の留意点」 東京法令出版

【TV出演、法律監修、取材等】
・NHK BSプレミアム『ファーストラヴ』(2020年2月22日放送)法律監修
・TBS『NEWSな2人』【外国人たちが怒る!「働く外国人を差別する日本、反対!】(2019年2月23日放送)スタジオ出演
・弁護士ジャパン・インタビュー